ニュースリリース
2019年3月11日

東大COIとの提携による「健康経営支援型商品」の開発について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上火災保険株式会社(社長:原 典之)ならびにあいおいニッセイ同和損害保険株式会社(社長:金杉 恭三)は、健康寿命の延伸を支援する取組の第一弾として、東京大学センター・オブ・イノベーション(COI)自分で守る健康社会拠点(機構長:池浦 富久、以下「東大COI」)が開発するAIによる健康リスク予測モデルを搭載した健康管理アプリを活用し、企業の健康経営を「保険」で支援します。本取組は、超高齢社会で持続的成長を目指し、健康経営に取り組む企業を対象に、健康増進に寄与する付加価値型の保険商品を提供するものです。
*詳細はパソコン、スマートフォンでご覧ください。

[0]TOPへ