ニュースリリース
2018年4月4日

大災害債「Akibare Re 2018-1」のグループ共同発行について

MS&ADインシュアランス グループの三井住友海上ならびにあいおいニッセイ同和損保は、今般、国内自然災害リスクを対象とする大災害債(以下、「キャットボンド」)「Akibare Re 2018-1」を共同発行しました。
本キャットボンドは、国内の台風リスクに加え、損害保険業界で初めて洪水リスクを対象にしているほか、三井住友海上が発行するキャットボンドは、地震火災費用(※1)のリスクも対象にしました。また、固定部分の利回りは、1.90%と低廉な水準を実現しています。
*詳細はパソコン、スマートフォンでご覧ください。

[*]戻る
[0]ニュースリリースTOPへ